夢占い 実践編〜step17,身体の右側に不具合〜

2011年07月06日

夢占い 実践編〜step17,身体の右側に不具合〜

占い師の私がオススメする本当に当たる占いはこちらぴかぴか(新しい)

夢占いをやっていると、身体に影響が出てくる事は、step16で、解説しました。
 
その中でも特に、身体の右側に不具合が出た時について、解説していきたいと思います。
 
右は、何かを与えたり、創造を司っている、というのは、耳にした事があるかもしれません。 

右脳が、そういう役割を果たしている、という面からも伺う事ができます。
 
夢占いをしていて、身体の右側に不快な症状(痛み、コリなど)が現れた場合、意識がマイナスの方向に向いてしまった可能性があります。 

これは、夢を分析している過程において、過去についての不幸な出来事や、劣等感を伴うような、分析結果が出てしまった時、夢占い人自身も、分析した夢の影響を受けてしまう事が原因です。
 
不幸な話を聞かされると、聞いている本人も、不幸になってしまったような気分になるのと、同じような現象だと考えて下さいがく〜(落胆した顔)
 
夢占い人は、占う夢によって、夢を見た本人の内面に、本人以上に近づく事があります。 

内面にある、過去の悲惨な出来事や、悲しい気持ちなどに触れてしまう事によって、夢占い人自身の心が、影響を受けてしまうのです。
 
夢占い人に限らず、占いをする人というのは、感受性の高い人でもありますので、心も傷つきやすい、という事でもあります。
 
マイナス意識の影響が、身体の右側に症状として現れているのですから、それを取り払う必要があります。
 
夢占いを一旦、中止して、気分転換を行うのが良いでしょういい気分(温泉)
 
自分を見つめ直し、様々な事に感謝する、という方法が、意外と効果があります。 

これは、身体の右側に不快な症状が出ている人で、精神的なものからきている、と思っている人にも、効果があります。
 
オーラ浄化瞑想ができるのであれば、そちらを実践して頂いても構いません。 
 
不快な症状が気になるようでしたら、とにかく無理をしないようにして下さい。
 
占い師の私がオススメする本当に当たる占いはこちらぴかぴか(新しい)






posted by 夢占いの森に住むwicca at 11:51| Comment(0) | 実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。