夢占い 実践編〜step23,死の暗示〜

2011年07月26日

夢占い 実践編〜step23,死の暗示〜

占い師の私がオススメする本当に当たる占いはこちらぴかぴか(新しい)

恐らく、避けるのではないかと思います。
 
死を暗示するキーワードでも、それは沢山ある内の一つの意味でしかないからです。
 
キーワードの分析をしていて、死を暗示する意味があったとしても(まさか……)と、思うのが普通だからです。 

死の暗示は、夢を見た本人を示しているとは限りません。
 
病気の親類や友人など、身の回りの人を示しているのかもしれません。
 
夢を分析して、死を暗示するような意味があり、かつ、他のキーワードの分析等も照らし合わせてみて、それが適合するようであれば、可能性として、死の暗示を伝えておくべきです。
 
心配している人が重病人であれば、夢占いをするまでもなく、薄々感じてはいるでしょう。
 
その予感が、夢となって現れただけかもしれません。
 
人は、死から逃れる事はできませんひらめき
 
誰しもが、いつかは死ぬのですひらめき
 
死を享受するという事も、大切な事であり、学びでもあります。 

夢を見た本人に、死の暗示が出ているのであれば、それを回避する事は、可能かもしれません。
 
他のキーワードに、ヒントが出ているはずです。
 
その場合は、死の暗示を伝えるのではなく、警告として、正しい指針だけを伝える方が良いかもしれません。
 
死にます、と言った所で、信じては貰えないでしょう。
 
危険や苦難、困難を回避する為に、と言い換えた方が、アドバイスとしては、適切だと思います。

夢占いをしていても、必ずしも的中するという訳ではありません。
 
もし夢占いが外れてしまったら?
 
それに関しては、また次の機会に……るんるん

占い師の私がオススメする本当に当たる占いはこちらぴかぴか(新しい)







posted by 夢占いの森に住むwicca at 10:09| Comment(0) | 実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。