夢占い 実践編〜step24,夢占いが外れた時〜

2011年07月28日

夢占い 実践編〜step24,夢占いが外れた時〜

占い師の私がオススメする本当に当たる占いはこちらぴかぴか(新しい)

外れる事もありますがく〜(落胆した顔)
 
一つのキーワードに、意味だけでも複数あるのですから、全ての可能性について、検討している時間はないでしょう。
 
依頼者が、夢を見た本人とは限らないですので、伝わる途中で、意味合いなどが、変わってしまう可能性もあります。
 
夢占いが外れたと思ったのであれば、素直に謝る事です 

これが案外、難しいのです。
 
心のどこかで、自分の占いは間違っていない、と思っているからです。 

夢占いをする側と、頼む側の、立ち位置の違いを、優劣であると錯覚してしまっている可能性もあります目
 
夢占い人の自分が言うんだから、間違いはない、という傲慢な気持ちが出てきているのであれば、それを取り除く為にも、間違いを認めて、謝りましょう。
 
自分のスキルに自信を持つ事は大切です。
 
しかし、間違いを認める事も、自分のスキルです。 

失敗から学ぶ事も多くありますし、いきなり全ての夢占いの依頼を、完璧にできるという事の方が、逆に変であると考えた方が良いでしょう。
 
夢占いが外れていても、お礼を言う人は、沢山います。
 
結果ではなく、自分の夢を占ってくれた、その時間と手間に感謝してくれているのでするんるん
 
完璧を目指すのは良いですが、間違いに目を向けないというのでは、意味合いが違ってきます。

占い師の私がオススメする本当に当たる占いはこちらぴかぴか(新しい)







posted by 夢占いの森に住むwicca at 10:15| Comment(0) | 実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。